/page/2

対案なしで原発即時廃止を主張する人たち。
彼らは、崖に取り残された犬が
消防に助けられた映像を見て涙を流したり、
住宅街に出てきた親子グマを射殺した地方自治体に
抗議の電話を入れる層と、
かなり重なってるんじゃないかと思うな。

「崖っぷちの犬」を助けるために、
消防隊員は転落などのリスクを負う。
クマを射殺しなければ、
捕獲する職員や地域住民がケガをする危険性が高まる。
そういったことを想像せず、
ただ、己が好む対象だけに感情移入をする人々。
独善的だし、視野が狭すぎる。

仮に原発を即時廃止すれば、電力供給は3割減る。
半導体、鉄鋼などのメーカーは操業停止に追い込まれるし、
他の分野でも生産効率がガクッと落ちる。
彼らが海外に移って産業空洞化が進めば、
日本の経済はガタガタ。
失業率が数倍になった日本で
自殺者や犯罪被害者が増えたら、誰が責任を取るの?

確かに、福島の現状を見れば、原発は恐ろしいと痛感する。
でも、日本がものづくりの能力を失い、貧しい国になるのも、
相当に恐ろしい未来だと思うよ。
日本には資源もないし、
1億3000万人を養える農業生産力もない。
原発止めて、みんなで仲良く飢えましょうっていうの?

技術的・経済的に十分実現可能な対案を出し、
5年後、10年後に原発を全廃すべしって主張する人なら、
僕は喜んで話を聞きたい。
僕が望むのは、そういう道だから。
でも、将来への見通しもデータの裏付けもなく、
「全部火力にしろ」「風力だ」
「地熱を研究すべし」って言い募る人が多すぎる。

現時点では、苦いものを飲み込むような気持ちで、
「安全を確保しながら、当面は原発を維持。
その間に、代替エネルギーの開発をできる限り急ぐ」
という行き方を選ぶしかないと思うんだな。
それが、現在の幸せと
未来の幸せの合計値が最大になる道だろうと。

作家や映画制作者に聞けば、わかりますが、彼らは、あるプロジェクトが終わってから、新しいプロジェクトをゼロから始めるというのではありません。長年の間、アイデアがずっと頭に浮かんでいて、あることがきっかけで、その瞬間にすべてが収斂することがあるのです。それはよく起こることです。それで完成するのです。私も何年も漫然と頭に浮かんでいる、いろいろなアイデアがたくさんあります。生煮えのアイデアや小さなアイデアです。まだうまくまとまりません。ですから、必死に集中してやり抜いたというのではありません。私が今まで書いた本は、ほとんどどの本も長年脳裏にあった要素やアイデアが入っています。ですから、ある意味では、書き始めて中断しても落胆しません。十五~二十年経てば、無駄になっていないことがあるからです。半年間書き続けて中断しても、無駄にならないからです、今までやったほとんどのことが、後になって役に立つことがわかっています。

7つの悪習慣

第一の悪習慣:人のせいにする
  • 自分の問題を会社や上司、親や友人、国、政治のせいにしてしまう。
  • 自分はいつも犠牲者で、自分のことに責任など持てない。
  • 誰かに怒鳴られたら怒鳴り返す。
  • やりたいようにやる。

これらは、第一の悪習慣「人のせいにする」に該当する。

結果を他人のせいにせず、主体性を発揮して生きることが大切。


第二の悪習慣:目的を持たないで始める
  • 計画を立てないし、目標も持っていない。
  • 今さえ楽しければそれでいい。
  • 先のことは分からないし、考えても仕方ない

これらは、第二の悪習慣「目的を持たないで始める」に該当する。


第三の悪習慣:一番大切なことを後回しにする
  • いつもダラダラしている。
  • 家に帰ればまずテレビを見るかネットサーフィンをして、それから何をするかを考える。
  • 面倒なことは常に後回し。
  • 大切なことに取りかかるのはいつも直前になってしまう。

これらは、第三の悪習慣「一番大切なことを後回しにする」に該当する。

優先順位をつけて、重要事項を優先する必要がある。


第四の悪習慣:勝ち負けという考え方
  • 人生は競争だと思っている。
  • 他人に負けるなんて許せない。
  • 負けるぐらいなら、先に負かす。
  • 負けそうになったら、一緒に引きずり下ろす。

第五の悪習慣:まず自分が話し、それから聞くふりをする
  • 言いたいことは言わなければ損だと考える。
  • 必ず先に主張する。
  • 人の話は面倒だからあまり聞かない。
  • 上司の話は聞いたふりだけしてすぐに忘れてしまう。
  • 自分にとっていい話なら真面目に聞く。

第六の悪習慣:頼れるのは自分だけ
  • しょせん自分は人とは違うのだから、うまくやれるはずがない。
  • 妥協するくらいなら、一人でやった方がましだと思っている。
  • 自分の世界に行きたいし、出来るだけ周りとは関わり合いたくない。

これらのことは、第六の悪習慣「頼れるのは自分だけ」に該当する。


第七の悪習慣:自分をすり減らす
  • 忙しすぎて、体を鍛えたり、勉強したりする時間がない。
  • そもそも、勉強も運動も面倒くさい。

その部屋で一番熱が逃げる場所を暖めるのが正しい考え方です。

必然的に窓や扉の近くが設置場所となります。冷たい空気が暖められることで室内の温度差が小さくなり、ほとんど対流の生じない安定した空間となるからです。

無意味に暖房器具を設置しているのでは、冷たい場所はそのままとなり、暖かい場所は必要以上に暖かくなってしまいます。例えば、部屋の真ん中に灯油ストーブを置くという方法(しかし、それが日本では一般的かもね)は最悪です。

対案なしで原発即時廃止を主張する人たち。
彼らは、崖に取り残された犬が
消防に助けられた映像を見て涙を流したり、
住宅街に出てきた親子グマを射殺した地方自治体に
抗議の電話を入れる層と、
かなり重なってるんじゃないかと思うな。

「崖っぷちの犬」を助けるために、
消防隊員は転落などのリスクを負う。
クマを射殺しなければ、
捕獲する職員や地域住民がケガをする危険性が高まる。
そういったことを想像せず、
ただ、己が好む対象だけに感情移入をする人々。
独善的だし、視野が狭すぎる。

仮に原発を即時廃止すれば、電力供給は3割減る。
半導体、鉄鋼などのメーカーは操業停止に追い込まれるし、
他の分野でも生産効率がガクッと落ちる。
彼らが海外に移って産業空洞化が進めば、
日本の経済はガタガタ。
失業率が数倍になった日本で
自殺者や犯罪被害者が増えたら、誰が責任を取るの?

確かに、福島の現状を見れば、原発は恐ろしいと痛感する。
でも、日本がものづくりの能力を失い、貧しい国になるのも、
相当に恐ろしい未来だと思うよ。
日本には資源もないし、
1億3000万人を養える農業生産力もない。
原発止めて、みんなで仲良く飢えましょうっていうの?

技術的・経済的に十分実現可能な対案を出し、
5年後、10年後に原発を全廃すべしって主張する人なら、
僕は喜んで話を聞きたい。
僕が望むのは、そういう道だから。
でも、将来への見通しもデータの裏付けもなく、
「全部火力にしろ」「風力だ」
「地熱を研究すべし」って言い募る人が多すぎる。

現時点では、苦いものを飲み込むような気持ちで、
「安全を確保しながら、当面は原発を維持。
その間に、代替エネルギーの開発をできる限り急ぐ」
という行き方を選ぶしかないと思うんだな。
それが、現在の幸せと
未来の幸せの合計値が最大になる道だろうと。

作家や映画制作者に聞けば、わかりますが、彼らは、あるプロジェクトが終わってから、新しいプロジェクトをゼロから始めるというのではありません。長年の間、アイデアがずっと頭に浮かんでいて、あることがきっかけで、その瞬間にすべてが収斂することがあるのです。それはよく起こることです。それで完成するのです。私も何年も漫然と頭に浮かんでいる、いろいろなアイデアがたくさんあります。生煮えのアイデアや小さなアイデアです。まだうまくまとまりません。ですから、必死に集中してやり抜いたというのではありません。私が今まで書いた本は、ほとんどどの本も長年脳裏にあった要素やアイデアが入っています。ですから、ある意味では、書き始めて中断しても落胆しません。十五~二十年経てば、無駄になっていないことがあるからです。半年間書き続けて中断しても、無駄にならないからです、今までやったほとんどのことが、後になって役に立つことがわかっています。

7つの悪習慣

第一の悪習慣:人のせいにする
  • 自分の問題を会社や上司、親や友人、国、政治のせいにしてしまう。
  • 自分はいつも犠牲者で、自分のことに責任など持てない。
  • 誰かに怒鳴られたら怒鳴り返す。
  • やりたいようにやる。

これらは、第一の悪習慣「人のせいにする」に該当する。

結果を他人のせいにせず、主体性を発揮して生きることが大切。


第二の悪習慣:目的を持たないで始める
  • 計画を立てないし、目標も持っていない。
  • 今さえ楽しければそれでいい。
  • 先のことは分からないし、考えても仕方ない

これらは、第二の悪習慣「目的を持たないで始める」に該当する。


第三の悪習慣:一番大切なことを後回しにする
  • いつもダラダラしている。
  • 家に帰ればまずテレビを見るかネットサーフィンをして、それから何をするかを考える。
  • 面倒なことは常に後回し。
  • 大切なことに取りかかるのはいつも直前になってしまう。

これらは、第三の悪習慣「一番大切なことを後回しにする」に該当する。

優先順位をつけて、重要事項を優先する必要がある。


第四の悪習慣:勝ち負けという考え方
  • 人生は競争だと思っている。
  • 他人に負けるなんて許せない。
  • 負けるぐらいなら、先に負かす。
  • 負けそうになったら、一緒に引きずり下ろす。

第五の悪習慣:まず自分が話し、それから聞くふりをする
  • 言いたいことは言わなければ損だと考える。
  • 必ず先に主張する。
  • 人の話は面倒だからあまり聞かない。
  • 上司の話は聞いたふりだけしてすぐに忘れてしまう。
  • 自分にとっていい話なら真面目に聞く。

第六の悪習慣:頼れるのは自分だけ
  • しょせん自分は人とは違うのだから、うまくやれるはずがない。
  • 妥協するくらいなら、一人でやった方がましだと思っている。
  • 自分の世界に行きたいし、出来るだけ周りとは関わり合いたくない。

これらのことは、第六の悪習慣「頼れるのは自分だけ」に該当する。


第七の悪習慣:自分をすり減らす
  • 忙しすぎて、体を鍛えたり、勉強したりする時間がない。
  • そもそも、勉強も運動も面倒くさい。

その部屋で一番熱が逃げる場所を暖めるのが正しい考え方です。

必然的に窓や扉の近くが設置場所となります。冷たい空気が暖められることで室内の温度差が小さくなり、ほとんど対流の生じない安定した空間となるからです。

無意味に暖房器具を設置しているのでは、冷たい場所はそのままとなり、暖かい場所は必要以上に暖かくなってしまいます。例えば、部屋の真ん中に灯油ストーブを置くという方法(しかし、それが日本では一般的かもね)は最悪です。

(via jacony)

"

対案なしで原発即時廃止を主張する人たち。
彼らは、崖に取り残された犬が
消防に助けられた映像を見て涙を流したり、
住宅街に出てきた親子グマを射殺した地方自治体に
抗議の電話を入れる層と、
かなり重なってるんじゃないかと思うな。

「崖っぷちの犬」を助けるために、
消防隊員は転落などのリスクを負う。
クマを射殺しなければ、
捕獲する職員や地域住民がケガをする危険性が高まる。
そういったことを想像せず、
ただ、己が好む対象だけに感情移入をする人々。
独善的だし、視野が狭すぎる。

仮に原発を即時廃止すれば、電力供給は3割減る。
半導体、鉄鋼などのメーカーは操業停止に追い込まれるし、
他の分野でも生産効率がガクッと落ちる。
彼らが海外に移って産業空洞化が進めば、
日本の経済はガタガタ。
失業率が数倍になった日本で
自殺者や犯罪被害者が増えたら、誰が責任を取るの?

確かに、福島の現状を見れば、原発は恐ろしいと痛感する。
でも、日本がものづくりの能力を失い、貧しい国になるのも、
相当に恐ろしい未来だと思うよ。
日本には資源もないし、
1億3000万人を養える農業生産力もない。
原発止めて、みんなで仲良く飢えましょうっていうの?

技術的・経済的に十分実現可能な対案を出し、
5年後、10年後に原発を全廃すべしって主張する人なら、
僕は喜んで話を聞きたい。
僕が望むのは、そういう道だから。
でも、将来への見通しもデータの裏付けもなく、
「全部火力にしろ」「風力だ」
「地熱を研究すべし」って言い募る人が多すぎる。

現時点では、苦いものを飲み込むような気持ちで、
「安全を確保しながら、当面は原発を維持。
その間に、代替エネルギーの開発をできる限り急ぐ」
という行き方を選ぶしかないと思うんだな。
それが、現在の幸せと
未来の幸せの合計値が最大になる道だろうと。

"
"作家や映画制作者に聞けば、わかりますが、彼らは、あるプロジェクトが終わってから、新しいプロジェクトをゼロから始めるというのではありません。長年の間、アイデアがずっと頭に浮かんでいて、あることがきっかけで、その瞬間にすべてが収斂することがあるのです。それはよく起こることです。それで完成するのです。私も何年も漫然と頭に浮かんでいる、いろいろなアイデアがたくさんあります。生煮えのアイデアや小さなアイデアです。まだうまくまとまりません。ですから、必死に集中してやり抜いたというのではありません。私が今まで書いた本は、ほとんどどの本も長年脳裏にあった要素やアイデアが入っています。ですから、ある意味では、書き始めて中断しても落胆しません。十五~二十年経てば、無駄になっていないことがあるからです。半年間書き続けて中断しても、無駄にならないからです、今までやったほとんどのことが、後になって役に立つことがわかっています。"
"

7つの悪習慣

第一の悪習慣:人のせいにする
  • 自分の問題を会社や上司、親や友人、国、政治のせいにしてしまう。
  • 自分はいつも犠牲者で、自分のことに責任など持てない。
  • 誰かに怒鳴られたら怒鳴り返す。
  • やりたいようにやる。

これらは、第一の悪習慣「人のせいにする」に該当する。

結果を他人のせいにせず、主体性を発揮して生きることが大切。


第二の悪習慣:目的を持たないで始める
  • 計画を立てないし、目標も持っていない。
  • 今さえ楽しければそれでいい。
  • 先のことは分からないし、考えても仕方ない

これらは、第二の悪習慣「目的を持たないで始める」に該当する。


第三の悪習慣:一番大切なことを後回しにする
  • いつもダラダラしている。
  • 家に帰ればまずテレビを見るかネットサーフィンをして、それから何をするかを考える。
  • 面倒なことは常に後回し。
  • 大切なことに取りかかるのはいつも直前になってしまう。

これらは、第三の悪習慣「一番大切なことを後回しにする」に該当する。

優先順位をつけて、重要事項を優先する必要がある。


第四の悪習慣:勝ち負けという考え方
  • 人生は競争だと思っている。
  • 他人に負けるなんて許せない。
  • 負けるぐらいなら、先に負かす。
  • 負けそうになったら、一緒に引きずり下ろす。

第五の悪習慣:まず自分が話し、それから聞くふりをする
  • 言いたいことは言わなければ損だと考える。
  • 必ず先に主張する。
  • 人の話は面倒だからあまり聞かない。
  • 上司の話は聞いたふりだけしてすぐに忘れてしまう。
  • 自分にとっていい話なら真面目に聞く。

第六の悪習慣:頼れるのは自分だけ
  • しょせん自分は人とは違うのだから、うまくやれるはずがない。
  • 妥協するくらいなら、一人でやった方がましだと思っている。
  • 自分の世界に行きたいし、出来るだけ周りとは関わり合いたくない。

これらのことは、第六の悪習慣「頼れるのは自分だけ」に該当する。


第七の悪習慣:自分をすり減らす
  • 忙しすぎて、体を鍛えたり、勉強したりする時間がない。
  • そもそも、勉強も運動も面倒くさい。
"
"

その部屋で一番熱が逃げる場所を暖めるのが正しい考え方です。

必然的に窓や扉の近くが設置場所となります。冷たい空気が暖められることで室内の温度差が小さくなり、ほとんど対流の生じない安定した空間となるからです。

無意味に暖房器具を設置しているのでは、冷たい場所はそのままとなり、暖かい場所は必要以上に暖かくなってしまいます。例えば、部屋の真ん中に灯油ストーブを置くという方法(しかし、それが日本では一般的かもね)は最悪です。

"

About:

my blog

my food blog

my twitter